セカンドオピニオンに行って来ました

奈良医大にセカンドオピニオンしに行きました。

結果は(通院している病院の診断結果・治療法に)問題なしということです。
ただ、食事療法に関して、僕みたいに急激にクレアチニンが10近くまであがったような患者さんには、あまり効果がないそうで、人工透析をするほうがいいって言われました。

でも、まだ尿素窒素(BUN)が高いなりに低いので、すぐにとは言わないけど、これが上がると尿毒症になるので、尿毒症にならないうちに人工透析を開始したほうがいいって言われました。

今通っている病院の担当医は「今は昔と違って良いお薬が出てきてますから!」とか言ってたし、あと数年は食事療法と薬で・・・と思ってたけど、やっぱりそれは無理なのかもしれない。
とりあえずやれるところまでやるしかないんですけど・・。

尿素窒素(BUN)は、たんぱく質の副産物。
たんぱく制限が50gだけど、それよりも低く、低く、やっていけばいいのかな?
そんなんでマシにはならんのかもしれないけど。

まぁ、食事療法と薬でコントロール出来てる(と思う)し・・・。
体調にすごい異変が起きた感じもないし・・・。

人工透析だって、いずれやらないと死んでしまうわけやから、デメリットばかり見ずにメリットのほうに重点をおいておいたほうが、いざ導入開始になったとき、気は楽かもしれんなあ・・・。

でもねぇ、人工透析をはじめても、今の技術では、もって10年、20年って感じなんでしょ?
やっぱり?
どの本読んでも、合併症が起きるとか、何やかんやで、あんまりええこと書いてない・・・。^^;;


その間に、医療技術がどれだけ発展するか・・・。
特に臓器クローン技術がね・・・、早く認めてもらえれば、腎臓を両方とも新しいのに取り替えれるんやけどぉ・・・。
日本はこういうのに積極的じゃないからなぁ・・。無理だろうなぁ。><
なんか、そういう話題が出てきだしたらみんな認めてなぁ~。
頼むで~。(笑)
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-04-20 19:32 | 薬や病気のこと