制限のある生活

自分でこのブログを見て、制限のある生活を送ってるような人のブログに見えなくなってきた。
腎臓病の辛さも伝えないといけないのに、これでいいんか?(笑)
毎日、美味しそうなものばかり食べてるような感じに思われていないだろうか?

・・・味付けまでは伝えられないし。
ほとんど減塩ものばかりで、外食が多くて薄味に慣れていない人が食べたら満足しないものだと思う。

僕ももともと外食が好きだったけど、今は誘惑との戦いです。
外食などに関しては、塩分よりも、たんぱく質を気にして断念するケースが多いです。

コンビニやスーパーに置いてある商品の成分表示の「たんぱく質」のところを見ていただきたい。
ほとんどの商品が8g以上あります。
だから、商品を手にして成分表示を確認しては断念の連続なんです。

たんぱく質を摂れば摂るほど、副産物の尿素窒素量が増えてしまうそうなので、栄養士から言われている1日50gまでという緩めの制限よりもさらにもっと厳しくしているわけです。
でも、たんぱく質は生きるためには必要な成分なので、摂らないといけないんです。
僕は肉類、卵、乳製品から摂るようにし、穀物類やその他の食品からはなるべく摂らないようにしています。

多い日で1日40gぐらい。少ない日で25g~30gぐらいに抑えています。
健康な人がこれだけの制限をやろうとすると、食べるものがなくてショックを受けると思います。

皆さんが1日にたんぱく質をどのぐらい摂ってるか計算してみてください。
おそらく200g以上摂ってると思います。僕もそのぐらい摂ってました。(笑)
計算をするのも面倒でしょう?でも、腎臓病になって食事制限されると計算しないといけないんですよ。
大変ですよ。そりゃ・・・。

僕はキレイゴト言うのは好きじゃないので、本音で書きますけど、こんな生活、ほんまウンザリしてます。
こんなんがずっと続くんかと思うと苦痛でしょうがないです。
肉体的にもしんどいですが、家族や友達たち周りのサポートがないと、肉体以上に精神的にしんどいです。

こういう生活をしたくないでしょう?

世間では、豚インフルしか言われていませんが、こうしてる間にも腎臓病患者は増えているはずです。
この増加傾向、誰が止めるんですか?
本来なら国がマスコミなどを通じて伝えるべきなんじゃないのか?
でも、一番伝えやすいのは、僕みたいに腎臓病患者自身が周囲に伝える方法だと思っています。
国やマスコミなんて、あてにしてないし、あてにならない。


サプリメントや流行のダイエット本とかに手をつけず、まずは己を知る!健康診断でちゃんと状態診て、医者と管理栄養士に食事量や運動量を相談するのが一番安全に痩せる方法です。

制限をするのに、まずいものを食べたり、極端に量を減らしてしまうと、これはこれで危険なことなので、制限を守りつつ、美味しいものを作る料理のコツ、食べ方のコツが大事になってくると思います。

そういうコツも、このブログで伝えていこうと思っています。
新たに「コツ的なもの」というカテゴリを作りますので、良かったら参考にしてください。^^
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-10 12:02 | ぼやきのトムさん