新しいスタイルの回転寿司

座席に案内されると手巻き寿司セットを注文します。
手巻き寿司セットは、お櫃に入ったシャリ、わさび、手を洗う水、おしぼりです。
500円です。

海苔は5枚入り単位で100円。
別途注文します。

レーンから流れてくるのは、寿司ネタで1皿30円から。
お刺身はもちろん、昆布や、かんぴょう、桜でんぶ、ベーコンや玉葱とかも流れてきます。

僕らは、海苔の上にシャリを入れて、好きなネタをとって巻き寿司にして食べます。
もしくはお櫃の上に好きなネタを乗っけていってオリジナルの海鮮丼を作って食べます。

海苔とご飯は別料金でおかわり出来ます。

単価は単純計算で、

  初回注文(シャリ)   500円
  海苔   100円
  ネタ    30円×5皿・・・150円

合計 750円 です。

・・・こういう新しいスタイルの回転寿司が近所にあればなぁ。
たんぱく質調整米で作ったシャリを持参して行けるんやけど。


寿司を握る工程がないので、そのぶんコストもかからないし。
少子高齢化で、”食べる量を加減したい”というニーズが必ず出てくるはずだから、今後出てくるかもしれないな・・・。

少子高齢化が進んで、外食産業が生き残れるのは、やっぱり”加減”が出来るか否かでしょう。

食べ放題ブームと同じく、加減ブームがあちこちに出来るはず。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-09-10 13:03 | ぼやきのトムさん