食欲の秋につき・・・。

最近、食事してもすぐに腹が減ってしまいます。
そういうときは間食でキャラメルコーンとか芋けんぴで紛らわせていたのですが、もう一度食事を見直してみると、野菜のボリュームが少ないことに気づきました。

野菜を増やしたほうが栄養面で良いし、冷蔵庫や野菜室の中もスッキリする。

涼しくなって温野菜でも大丈夫な季節。
茹でることでカリウムやリンだけでなくてカサが減る。
その減ったぶんを野菜を増やせばいいんです。

涼しくなると体温が低下して、汗の量が減りがち・・・なので、ショウガをたっぷりめに消費することで発汗をうながし、冷えからカラダを守ることができるはず。

ショウガはどの料理にも合いますからね。

肉、魚、卵、大豆食品は良質なたんぱく質なので、しっかりとって、小麦たんぱく質を極力減らすことも考えてます。たんぱく質と野菜がメイン・・・って感じにする。精白米も玄米に変えて、食べる量を120gに減らせば、たんぱく質も僅かにダウンし、ビタミンや食物繊維などの他の栄養価は増えるので良さそうです。
僅かというのは、絹ごし豆腐にしてだいたい約10gぶん、卵や豚ばら肉で約5gぶんです。

もちろん、たんぱく質が少ない主食のときはガッツリ食べますがね。

エネルギーも多めに摂ったほうが良さそうです。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-09-22 22:24 | ごはん