流行先取り!大阪B級 とんぺい焼きのレシピ と音楽

明日から阪神百貨店で秋のぷいぷい物産展があるそうで、北海道の花畑牧場のぷいぷい物産限定の新感覚ピザが出てくるとか。

ちちんぷいぷい
メインパーソナリティーの角さんが、とんぺい焼きを花畑牧場の田中義剛氏に紹介して、とんぺい焼き風のピザが生まれました。

とんぺい焼き?何それ?

っていう人が多いかと思います。
お好み焼き屋のサブメニューなので、大阪でもやってる店とやってない店があるから、仕方ないんですけど・・・。

以前、このブログで紹介済みです。
↓この写真見覚えありませんか?卵でつつんだコレがとんぺい焼きですよ。


どんなのか食べてみたい!って人のために、簡単で失敗しにくいレシピを紹介します。
是非、試してみてください。

【材料】
▼具材
豚肉(ばらorもも 細切れ) 1切れぶん約30g、ガーリックパウダー、塩胡椒 各少々
生卵 1個

▼生地
お好み焼き粉(少量のベーキングパウダーを小麦粉にミックスしたものでもOK)
昆布だし(粉に出汁が入っている場合は水でOK) 各適量

▼ソース
お好み焼きソース、マヨネーズ 各適量

▼トッピング
青海苔、かつお節、万能葱(みじん切り) 各適量

【作り方】
■下ごしらえ
肉はガーリックパウダー、塩胡椒で下味をつけておく。
生地はお好み焼きよりもやや緩め、ちょっとトロミがある硬さに溶いておく。
ソース、マヨネーズが冷えていたら、なるべく常温にもどす。

■調理
1. 鉄板に油をひき、生地は薄く、手のひらサイズの小判型に2枚焼く。
2. その横で豚肉を軽く炒め、2枚の生地で挟む。
3. 油をひき、卵を落とし、手早く黄身を割り生地を包めるサイズに広げる。
4. すぐに生地を卵の上に乗せて、卵で包む。
5. ソース、マヨネーズ、トッピングをして出来上がり。

【ポイント】
鉄板(電気プレート)で焼いたほうが作りやすいです。
フライパンでやるなら、大きめのを使って、火加減は中火の弱ぐらいで!
豚肉はしっかり火をとおし、卵は焼きすぎて硬くならないように気をつけてください。
付け合せにはしっかり野菜をとってください。
千切りキャベツとカイワレ大根をあわせたものがオススメです。
ソースは、ケチャップ&マスタード(辛子)もオススメします。


レシピは以上です。

で、音楽なんですが、音楽やテレビの音声や人の会話などの雑音。
実はこれらも、味と大きくかかわってます!!

和食を食べる際は、ほどよい雑音と三味線、お琴の音楽が流れると、とても上品に美味しくなります。
中華を食べるなら、中国の楽曲。辛いのはちょっとうるさいぐらいの音楽。
ゆったりティータイム、ブランチなら、ボサノバとかクラシック、ジャズのゆったりした音楽。
メキシカンならサルサ、ハンバーガーならロカビリー・・・などといった感じで、それぞれ料理に合った曲やノイズが大事です。

試してみたら分かる・・・っていうか、想像するだけで分かると思いますが、サルサとかサンバが流れる中で和食を食べると微妙な味になるんですよ・・。(笑)

とんぺい焼きに合う音楽は何だろう?こてこての演歌とか歌謡曲とか河内音頭とかかなぁ?(笑)

↓応援ヨロシク☆。+

▼myレシピブック▼
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-10-13 18:26 | ごはん