恐怖のはさみうち。

近所のmandai(万代)っていう小さいスーパーで買い物してたら、鼻が真っ赤で、クシャミとセキを繰り返し、しんどそうにしてるサラリーマン風の男性が・・・。
明らかに風邪の症状。 で、しかも、ノーマスク。

嫌やなぁ・・・。はよ出てってくれへんかな・・・。

と思ってたら、僕がいる通路(棚と棚の間なんですが一応、通路)にはいってきた!

慌てて逃げようと反対側から出ようとしたら、反対側からも同じような症状の人が・・・。
今度は僕と同じ歳ぐらいで、ラフな服装をきた主婦風の女性が、これまたノーマスクです。

風邪・インフルエンザの症状の人に挟まれてしまいました・・・。
息をとめて、目でけん制しながら、速やかに逃げましたよ・・・。

ちょっとしたバイオハザード?みたいな感じの気分です。

飛沫ウイルスに感染してないことを祈ります。

これって笑い事ではないんですよね。

お店側が注意するなり何なりしてくれないと、本当に困ります。
お客さん同士で注意するとモメごとになる恐れがあるので、店員さんが注意するべきなんです。

店内にペット持ち込んだり、喫煙をしながら買い物をしてるお客さんには注意するのに、こういう症状なのにマスクをしないで、スーパー内をウロウロと、菌やウイルスをバラまいている人を注意しないなんて、どう思います??僕は変だと思うなぁ。

安心して買い物が出来ないですよ。ホントに。

厚生労働省も、感染症対策をちゃんとしてほしいもんです。
一応、新型インフルエンザ感染拡大予防ポスター何てのをネットで配布してはいますが。
咳エチケットなどいう、生ぬるい表現を使うのも、やめたほうがいいと思うよ。
こういう身勝手な人のせいで、持病の症状が悪化した人や、死者が出てるんですから・・・。
アレルギー症を除く、クシャミ、ハナミズ、セキが酷い人にマスク着用を義務付けて、違反者には罰則をつけるとか、そこまでやったほうが良いと思います。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-10-22 23:23 | ぼやきのトムさん