ごぼうとえのきの逆さあんかけ牛丼

「どんぶり同好会」の日なので、お昼はこれにしました。

ごぼうとえのきの逆さあんかけ牛丼
f0201488_16223082.jpg


材料は「ごぼうとえのきの牛丼」とほぼ同じです。材料などはこちらでご確認ください。

逆さ丼にするにあたって、ごはんは茶碗にいれ、ごま油をひろげたフライパンの上にひっくり返して、底面をカリッと香ばしく焼いてあります。ちょうど「おこげ」みたいな感じです。
お皿に盛り付ける際に、牛丼のつゆを残して、それに水溶き片栗粉を加えてあんにして、ごはんの上に包むようにかけてます。あんにするつゆの中に野菜が多少入っていても構いません。^^
あと、これだけでは色が地味なので、小口切りにしたネギをトッピングしました。

★逆さ丼にするメリット
その1.カリッと香ばしいおこげが食べれる。
その2.ごはんの量が少なくて済む。
その3.同じ具でもちょっと気分を変えれる。

もっとおこげ率をあげたい場合は、焼きおにぎりにして乗せてください。


↓ポチッと応援ヨロシク☆。+


◎つくレポお待ちしてます
*レシピブログ myレシピブック*
*COOKPAD*(モバれぴ)
[PR]

by tom-sou-ya | 2010-07-05 16:38 | ごはん