卵かけご飯の美味しい作り方と食べ方

あくまでもトムソウヤ流ですが、美味しい卵かけご飯の作り方とその食べ方を紹介します。

トムソウヤ流 卵かけご飯の美味しい作り方と食べ方
f0201488_16475440.jpg

まずはお碗選びから。
卵かけご飯は、とろりとしてさらさら食べたいものなので、口に当たるところが少し薄めのものがおすすめです。味噌汁などを入れるお椀を使ってもいいと思います。

卵はなるべく新鮮なものを使います。
冷蔵庫から出してすぐの冷たいのは避けます。20分ほど常温において冷たさを落としてから、ご飯とは別の容器に割って状態を確認します。カラとか入ってしまっていたら、ここで取りのぞいてください。

ご飯は必ず精白米100%を炊いたものを使ってください。
冷ご飯を温めたものでも駄目です。
玄米や特殊米を使うのも駄目です。

さっき選んだお椀にご飯をよそってやるんですが、ここで重要なポイントは、ご飯を入れすぎないこと。軽めにします。

f0201488_1655835.jpg

卵には必ず醤油を入れてください。
香りが重要なので、新鮮な醤油を使ってください。

小さじ1杯を目安に、自分の好みで少し増減しても構いません。
そして、旨味調味料を少々加えて、黄身と白身が混ぜあわさる程度に軽く溶いてください。
写真のような状態がベストです。

なお、卵かけご飯専用の醤油を使われている場合は、すでに旨味成分が入ってありますので、旨味調味料は入れる必要はありません。

中には「醤油をかけるなんて邪道だ!何もかけないで食べないと、せっかくの美味しい卵がもったいないじゃないか!」って主張される方もいるかとは思いますが、そんなに卵そのものの味を堪能したければ、卵かけご飯にせずに生卵だけをすすればいいのではないかと思います。

さあ、ここまで出来たら、あとはご飯の上に回しかけましょう。
f0201488_1783389.jpg

ここで大事になるポイントは、すぐに混ぜないことです。
やって見れば分かると思いますが、上にかけた卵がどんどんご飯に染み込んでいきます。
さらにお椀を手にもって回して、どんどん馴染ませましょう。

f0201488_17171872.jpg

ここでかき混ぜるのではなく、ご飯に卵を絡ませることを意識して、お箸でやさしく混ぜてください。

かき混ぜすぎると、気泡がたくさん出てきたり、お箸の摩擦でご飯のでんぶん質が削られて卵に混ざりこんでしまいます。
やさしく・・・、やさしく・・・馴染ませるのがポイントです。


お疲れさまでした。
これで卵かけご飯の完成です。

これをお茶漬けを食べるような感じで召し上がってみてください。
海苔と一緒に食べてもOKです。

なぜこのような拘った作り方をしたのか?
食べてみれば分かると思いますよ。^^


↓ポチッと応援ヨロシク☆。+


◎つくレポお待ちしてます
*レシピブログ myレシピブック*
*COOKPAD*(モバれぴ)
[PR]

by tom-sou-ya | 2011-09-14 17:41 | ごはん