<   2009年 05月 ( 105 )   > この月の画像一覧

チャーハン 【中】【韓】【和】

f0201488_1732427.jpg
【栄養成分】
エネルギー 485kcal  たんぱく質 7.5g 食塩相当 0.7g
脂質 17.2g  炭水化物 74.1g
ナトリウム 259mg  カリウム 251mg リン 135mg

【材料】
ジンゾウ先生のでんぷん米(炊飯) 180g、たまご 1個
合わせ調味料(さとう 3g、ごま油 4g、オイスターソース 2g、紹興酒 2.5g、ポン酢 2.5g)
にんじん(ゆで) 30g、たまねぎ(ゆで) 30g、生しいたけ(ゆで) 8g、こねぎ 5g(水浸し)
ブラックペッパー 少々、にんにく 2g、なたね油 4g

【作り方】
1. 少量のあぶらを入れ、たまねぎとにんにくを弱火できつね色に炒める。
2. でんぷん米、合わせ調味料を入れ、ヘラかおたまでほぐすように強火で炒める。
3. 弱火にし、炒めたものをフライパンの左側によせる。
4. 空いた右側に残りの油をいれ、たまごを入れて溶く。
5. たまごが半熟になったら、ヘラかおたまで全体をほぐすように強火で炒める。
6. たまごがご飯粒と同じ感じなってきたら、ねぎ、ブラックペッパーを入れてさらに炒める。


【ポイント】
火加減をうまくコントロールしてやる。
肉類を入れる場合はたまごの量を減らす。

【参考】
---
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-31 17:58

茄子のナムル 【韓】【和】【中】

f0201488_1645116.jpg

【栄養成分】
エネルギー 67kcal  たんぱく質 2.1g 食塩相当 0.2g
脂質 4.8g  炭水化物 4.9g
ナトリウム 96mg  カリウム 185mg リン 54mg
食物繊維 2.1g

【材料】
茄子(生) 65g(約1個分)
タレ(ごま油 2g、キッコーマン 減塩醤油 3g、穀物酢 2.5g、有機いりごま 5g、唐辛子 少々)

【作り方】
1. 爪楊枝で何箇所かプスプスと穴をあける。
2. ラップを巻いてチンをする。
3. ラップを巻いたまま、冷水に浸して冷やす。
4. ラップをはがし、縦に食べやすいサイズに手でさく。
5. あら熱がとれたら、水気をしぼる。
6. タレをしっかり絡める。

【ポイント】
茄子は手のひらサイズでだいたい70g。(ヘタをとって65g)
エネルギー(脂質と炭水化物)のバランスが良いから気にしなくていい。

【参考】
コウケンテツ氏のレシピ
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-31 17:05 | ごはん

おいしい料理は皿から作る

皿やコップ、カップ、グラスなども含めた器があるけど、僕はこれらは食べれない料理だと思います。
見た目の良い、悪いも美味しく感じるかどうかのコツだと思いますが、それよりもお皿の温度。
コイツが美味しさを左右してるんだと思います。
例えば、キンキンに冷えたジョッキに入った生ビールが美味しく感じるってのや、石焼きビビンバの器が火傷するぐらい熱いほうがおこげも出来て、アツアツで香ばしさが出来て美味しいってのも、その証拠だと言えます。

だから冷たいものを入れるなら、皿や器をしっかり冷やしてやる。
熱いものを入れるなら、しっかり温めておく。

熱いのと冷たいのがテレコやと料理が不味くなりますよね。

だから料理を作る前は、まずお皿を作るんです。

まずは、料理を入れることを想定して皿を準備します。
そして、温かいおかずを入れるなら、レンジで2分ほどチンしてやればアツアツの器になります。
冷たいおかずなら、お皿を冷水や冷蔵庫などでしっかり冷やしてやります。

それから料理を作って盛り付けてやれば、温かい食事は温かさが持続し、冷たい食事は冷たさが持続します。

うちの母親なんかもそうなんですが、料理を作ってからお皿を出す人って多いんじゃないでしょうか?
お皿を探している間に料理は冷めたり、水気がとんだりで美味しくなくなりますよ!
事前に準備しておけば、キーーーッ!!ってあわただしくなることもありません。^^

もっと言えば、必要な食材や調理器具などを準備して、不要なものを片付けて、それからお皿を作って、調理するのがコツだと・・・僕は思うんですけど。^^;;

それを言うと、またキーーーッ!!ってなるから言いません。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-31 14:07 | ぼやきのトムさん

かぼちゃとさつまいもの煮付け 【和】

f0201488_11561329.jpg

【栄養成分】
エネルギー 85kcal  たんぱく質 1.2g 食塩相当 0.3g
脂質 0.2g  炭水化物 19.9g
ナトリウム 112mg  カリウム 371mg リン 35mg
カロテン 1607μg  レチノール当量 265μg

【材料】
かぼちゃ(ゆで) 40g、さつまいも(ゆで) 25g
合わせだし(昆布だし 50g、砂糖 3g、キッコーマン 減塩醤油 2.5g)

【作り方】
1. かぼちゃとさつまいもは切ってから茹でこぼす。
2. 落し蓋をし、合わせだしで煮付ける。

【ポイント】
火を止めている間に味が染み込むので、少し置いておくほうが美味しい。

【参考】
---
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-31 12:17 | ごはん

レシピの使い方

このブログのレシピは「僕のカラダ(健康状態)にあわせた料理」のレシピですが、"万人が使える美味しい料理のレシピ作り"をしているつもりです。

腎臓病の人は、栄養成分を"参考"にされて、ご自身のカラダに合わせてお使いください。
※カリウム、リンはいい加減ですので参考程度に・・・ ^^;

特殊食品(たんぱく質調整食品やでんぷん加工食品)を本来の市販品に替えることで、健康な人でも「美味しい減塩料理」として食べられるようにしているつもりです。
市販品に替えた場合、たんぱく質、カリウム、リンの成分が増えて、炭水化物が減るぐらいで、カロリーと塩分はそんなに変わらないと思います。
病気ではないけど、日ごろから塩分が気になる、「減塩しなさい」とお医者さんから言われている方にはもってこいなレシピだと思います。

レシピを見てぜひ作って食べてみてください。
そして、感想をお聞かせください。
そのほうが、公開している甲斐があるっていうもんです。^^


【レシピの探し方】
サイドメニューにある「タグ」の中から「○○のレシピ」と分類して書かれてあるのでそれをクリックしたら料理の一覧が出てきます。

【レシピの印刷の仕方】
印刷したのを見ながら調理すると便利です。
印刷したい部分をマウスで反転させてから、「選択した部分」を選ぶことで、写真付きでA4用紙1枚に収まるようにしてるつもりです。
収まらなかったら、縮小印刷をしてください。
美味しかったらそのままファイリングしてくださっても構いません。


【レシピの”権利”について】
このようなレシピに何とか権とかいうのがあるのかどうか知りませんが、一応、参考にさせていただいたレシピはどの雑誌か、どのブログか・・・ってのは念のため書いています。
でも、母親が作った料理に関しては、どの本を読んで作ったのか、どの料理家がテレビで教えていた料理なのかまでは把握しきれません。あらかじめご了承ください。
あんまり権利を主張するのは好きじゃないんですが、一応、このブログに載せたレシピの権利は僕と我が家にあるものとします。許可無く、「これは私が考えました」みたいな感じで、そっくりそのまま他のところに載せたり、第三者に教えたりするのだけはやめてください。
学校の授業や料理教室、病院や介護施設で資料として使うのは歓迎いたしますが上記のお約束は守っていただきますようお願いします。

また利用の際は、非公開コメントでご一報いただければ幸いです。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-30 22:06 | もくじ・前書き

新たまねぎとポテトのオムレツ【和】【洋】

f0201488_15115917.jpg

[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-30 15:12 | ごはん

寿司 【和】

f0201488_1505228.jpg

[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-30 15:01 | ごはん

ざるそば 【和】

f0201488_14591948.jpg

[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-30 14:59 | ごはん

日高昆布のおにぎり 【和】

f0201488_1457297.jpg

[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-30 14:57 | ごはん

ほうれん草の胡麻和え 【和】【韓】

f0201488_14501592.jpg

【栄養成分】
エネルギー 19kcal  たんぱく質 1.2g 食塩相当 0.1g
脂質 0.7g  炭水化物 2.7g
ナトリウム 38mg  カリウム 185mg リン 23mg
鉄分 0.4mg 食物繊維 1.4g

【材料】
ほうれん草(ゆで) 35g、有機いりごま 1g
合わせ出汁(砂糖 1g、昆布だし 5g、キッコーマン 減塩醤油 1g)

【作り方】
1. ほうれん草は茹でてアク抜きしたものをアラ熱をとってから絞ってしっかり水気をきる。
2. いりごまはすり鉢ですりつぶす。
3. すり鉢の中で合わせ出汁とほうれん草を入れて和えて味をなじませる。

【ポイント】
エネルギーも少ないので、砂糖かみりんでもう少し甘みをつけたほうがいい。
期待しているほどの鉄分はない。

【参考】
---
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-30 14:51 | ごはん