<   2009年 06月 ( 99 )   > この月の画像一覧

今日の昼はコリアン

久々にレンドルミンなしにしたら、睡眠がうまくとれなかったので、遅い昼ごはんになってしまったけど。

今日の昼ごはんは韓国家庭料理。
f0201488_20512292.jpg

ピーマンのチヂミ。
毎度おなじみ「コウケンテツ」氏のレシピを元に作ってみました。
f0201488_20592225.jpg

めちゃ美味いです。
f0201488_2153671.jpg

これは野菜たっぷりのチャプチェです。

気になる食塩相当量は2g。
そのうちのほとんどが、チヂミのつけダレのです。
なので実質は2g以下(かなり余るので1g以下になるかも?)におさまってます。

レシピは・・・また後で載せます。^^;;
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-30 21:01 | ごはん

ざる蕎麦を美味しく食べるコツ

f0201488_20232440.jpg

余分な水分をきることで、つゆが薄まることなく食べれますので「ザル」が重要なんです。
ずいぶん昔のミスドの景品の器を使ってますが、このような「ザル」が大事。
できればお店っぽく、竹製のがいいかと思います。

あと、薬味なんですけど、ねぎは細かいみじん切りにするよりも、ちょっと長めに切ってやると、蕎麦とからまりやすくなります。

山葵は、つゆの中に入れてしまうんじゃなくて、なるべく「つまみ」として食べましょう。
つゆの中に入れたら、つゆが濁るし、山葵の水分で水っぽくなるんです。
そもそも溶けてしまって山葵の風味が活かしきれません。

ねり山葵よりも、本山葵。
本山葵が高くて買えない場合は、山葵漬けを買ってください。
写真のは山葵漬けです。

これ「げんたそば」を使ってます。
スーパーで売ってる安物の蕎麦より、ずっと美味いです。^^

だけど、蕎麦湯を作れる本物の蕎麦も少しは食べたほうがいいかもしれない。
たんぱく質が多いので、「生 蕎麦」を30g(たんぱく質 約3g)ぐらいで。

ルチンっていう成分が高血圧にいいみたいなんで。
蕎麦を茹でた蕎麦湯に多く含まれてるみたいなんです。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-30 20:43

雨なので・・・

気分転換も出来ず、ブログに帰ってきました・・・。008.gif
来週は晴れると思うんで、また来週に気分入れ替えます。

さて。
忘れかけてた、もう1つのブログ「SOZAI Size」を久々に更新しました。
ついでにスキンを変えて、ヨコブログのアイデアとしても応募。
一眼レフ(持ってない&ほしい&買うカネがない 笑)が当たればいいんですが・・・、たぶん無理やろね。^^;;

さらについでに「ホームページに設定」のキャンペーンにも応募しました。
テレビは見ることないので、(腎不全で免疫落ちてるので)空気清浄機にしようかと思ったけど、それやったら商品券にして自分で買おうと思いまして、商品券という方向で。

そういうわけで、またボチボチとやっていきます。

追記★あ・・・これ一眼レフちゃうやん・・・。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-30 19:26 | ぼやきのトムさん

3日ほど休みます

最近、気分が冴えないので、3日ほどブログをお休みします。
体調はまずまず…といった感じですが、毎日同じことしてるのもアレなんで気分転換に違うことに時間を使おうかと。
そういうわけで、また帰ってきます。心配ゴム用です。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-28 14:38 | 未分類

アプロテン 中華めんタイプ

たまには栄養成分調整食品の話でも・・・。

前にヘルシーネットワークで注文した「アプロテン 中華めんタイプ」です。
f0201488_7324645.jpg

2玉使った後の写真なんですけど、1玉がだいたい40gなんです。
アプロテン スパゲティタイプと同じように、80gほどを茹でて使えばいいのかなと・・・。
f0201488_7361433.jpg

作ったのは、焼きそばなんです。予想以上にボリュームが出ました。^^;;
見た目「きしめん」みたいな感じですが、味や食感のほうも「きしめん」みたいな感じでした。
でんぷん生めんを使った焼きそばのレシピの麺を変えただけなんですが、味が全然違います。

アプロテン中華めんタイプを使ったら「焼きうどん」っぽくなり、アプロテン スパゲティタイプを使えば「スパゲティ」にしかならず、でんぷん生麺を使ったら「焼きそば」らしい味になるけど、緑豆はるさめのようにべっとりとくっついてしまって食感が良くありません。
美味しい「焼きそば」として食べるなら、市販の袋入りの焼きそば麺を使って、その分、肉とキャベツを少なめにして、たんぱく質を抑えてやるってのが一番良さそうです。

たんぱく質が低めの、焼きそば麺がスーパーで手に入る時代が早く来ればいいなぁ~~~。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-28 07:52 | ごはん

食堂好きは必ずやってる技(?)

食堂といえば、一品一品いろんなおかずが冷蔵庫や陳列棚に入っていて、そこから好きなおかずを取り出して、主食のごはんやうどんと一緒に食べる・・・というスタイルですけど。
何と言っても一番の醍醐味は、おかずを組み合わせてオリジナルメニューを作り出すことだと思います。(笑)

カレーライスに長いもをかけてみたり、ごはんの上にキムチと胡瓜の漬物とオクラをのっけて混ぜて食べてみたり・・・。他の人が見たらエーッ!て驚くような食べ物が出来上がることもありますが、自分好みの味を作り出すことが出来るので楽しいんです。食堂に通うのが楽しみになるんですよ。

僕のレシピも一品おかずの料理を複数組み合わせることが出来ます。
今日はそれを試してみたくて、牛そぼろ春雨ナムルを混ぜてみました。(かなり無難なところですが・・・)

f0201488_6425134.jpg


こんな感じになります。^^
栄養成分は両方を合計すればいいだけ。
お試しあれ。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-28 07:00

ロールキャベツ 【和】【洋】【中】【韓】【エスニック】

f0201488_6382946.jpg

【栄養成分】
エネルギー kcal  たんぱく質 g 食塩相当 g
脂質 g  炭水化物 g
ナトリウム mg  カリウム mg リン mg

【材料】

【作り方】

【ポイント】
失敗作。
ハンバーグのようにはいかなかったので、ローキャベ用のタネを考える。

【参考】
---
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-28 06:40 | ごはん

長芋のふわふわ焼き 【和】【韓】

f0201488_209386.jpg

【栄養成分】
エネルギー 402kcal  たんぱく質 11.2g 食塩相当 1.1g
脂質 27.8g  炭水化物 27.6g
ナトリウム 397mg  カリウム 781mg リン 169mg

【材料】
長いも(水浸し) 100g 、たまご 1個、オリーブオイル 大さじ1
キャベツ(水浸し) 90g、こんにゃく(下処理済み) 80g
かつおぶし 1.5g(3g入り袋の半分量)、とうがらし 少々、ブラックペッパー 少々
合わせソース(日本ハム 焼肉のたれ 5g、ジャネフ 減塩中濃ソース 3袋)

【作り方】
1. 長いもはすりおろし、卵とまぜておく
2. キャベツは荒めのみじん切り、こんにゃくは食べやすいサイズに切る
3. 強火でフライパンをあたため、こんにゃく、キャベツ、オリーブオイル、唐辛子、胡椒の順で入れて炒める
4. 1をキャベツの上に流し込み、弱火にし、かつお節をのせて蓋をして蒸し焼きにする
5. 焼け具合を確認したら、一旦皿に滑らせるようにして入れる
6. 皿をひっくり返して、今度は反対面を蒸し焼きにする
7. 焼けたら滑らすように皿に移し、合わせソースを塗り、好みでマヨネーズと青海苔をかける

【ポイント】
卵1個に対して山芋100gを目安にする(たんぱく質 合計 8.4g)
キャベツだけだとたんぱく質が多いので他の野菜とミックスするほうがいい
半分量でサブのおかずとして作ってもいい

【参考】
長芋のふわふわ焼き・お好み焼きバージョン(aiai@cafe)
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-27 20:37 | ごはん

昆布入り麦茶粥 【和】

f0201488_958449.jpg

【栄養成分】
エネルギー 246kcal  たんぱく質 0.6g 食塩相当 0.5g
脂質 0.4g  炭水化物 43.9g
ナトリウム 191mg  カリウム 38mg リン 17mg

【材料】
たんぱく質調整ごはん 約100g、麦茶 500cc
減塩醤油 2g、三島 昆布佃煮 1袋、あおのり 少々

【作り方】
1. 大きめの鍋にご飯と麦茶を入れて強火で煮込む
2. お玉などで混ぜてご飯のダマをなくす
3. 水気がちょうど良くなってきたら弱火にし、醤油を加えて混ぜる
4. 鉢に移し、昆布佃煮とあおのりをトッピングする

【ポイント】
塩分が気になる場合は、昆布佃煮の量を減らし、醤油も入れなくてもいい。

【参考】
---
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-27 10:12 | ごはん

おくらと里芋の煮付け 【和】 oishii

f0201488_9321412.jpg

【栄養成分】
エネルギー 206kcal  たんぱく質 1.4g 食塩相当 0.2g
脂質 0.1g  炭水化物 11.3g
ナトリウム 75mg  カリウム 210mg リン 34mg

【材料】
里芋(冷凍、または茹でこぼし) 50g、おくら(茹で) 1個(約5g)
合わせだし(昆布だし 15g、砂糖 2g、減塩醤油 2g、みりん風調味料 1g、日本酒 1g)

【作り方】
合わせだしで味がしみこむまで煮付ける

【ポイント】
おくらは下処理の時、塩でもみ洗いをするが、塩分制限があるのでしなくてよい

【参考】
---
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-27 09:49 | ごはん