タグ:肉のレシピ ( 27 ) タグの人気記事

鶏筍ごはん

ジャスミンさんのブログ『続*ジャスミンの料理手帖 -仕事帰りの30分で簡単おいしいふたりごはん-』で拝見した「筍ごはん」に鶏肉が入っていたので、うちでもいつもの手抜きバージョンで作りました。
・・・といっても、この日の栄養制限の都合で「薄揚げ」はなしです。
余裕があれば入れてよかったんですが。
そのぶん鶏肉多め、ご飯多めに炊きエネルギーアップさせてます。
薄揚げだけのより好きな味です。^^

鶏筍ごはん
f0201488_2372690.jpg

421kcal、たんぱく質 8g、塩分 0.4g
※プロチョイス米50g:精白米50gのミックスでの成分

【材料】
たけのこ 30g
鶏もも肉 20g
プロチョイス米50g:精白米50gのミックス
■A
 低塩だし醤油 5g
 みりん風調味料 8g
 酒 10g



↓ポチッと応援ヨロシク☆。+


◎つくレポお待ちしてます
*レシピブログ myレシピブック*
*COOKPAD*(モバれぴ)
[PR]

by tom-sou-ya | 2010-05-03 23:21 | ごはん

ベーコンと若ごぼうの味噌グラタン oishii

ちょっと焦げちゃった・・・。^^;;
ベーコンと若ごぼうの味噌グラタン
f0201488_1453571.jpg

※若ごぼうの成分が分からないので、カロリーとたんぱく質は不明。塩分は1.3g。
f0201488_14572141.jpg


【材料】
若ごぼうの茎(葉柄) 3本
ハーフベーコン 2枚(16g)
無塩バター 10g
小麦粉(グンプンTTを使用) 5g
牛乳 70g
こしょう 少々
パン粉 1g
とろけるチーズ 1枚(18g)
おろしにんにく 2g
オリーブオイル 小さじ1
■A
 味噌(50%減塩) 5g
 日本酒 10g
 みりん風調味料 10g

【作り方】
1. 若ごぼうはしっかり洗って3cmほどの長さに切り、水に数分浸してアク抜き後、5分ほど茹でる。ベーコンは食べやすい大きさに切る。Aは混ぜておく。
2. フライパンにオリーブオイルを入れ、ベーコンとにんにくを弱火で炒める。ベーコンがカリッとしてきたら、1の若ごぼうとAとバターを加える。
3. 小麦粉を振りいれ、一混ぜした後に、牛乳を流し込み、こしょうを振って混ぜあわせる。とろみがついたらグラタン皿に移す。
4. チーズとパン粉を入れてオーブントースターでこんがり焼けば出来上がり。


↓ポチッと応援ヨロシク☆。+


◎つくレポお待ちしてます
*レシピブログ myレシピブック*
*COOKPAD*
[PR]

by tom-sou-ya | 2010-04-07 14:58 | ごはん

鶏皮のマロニーグラタン

鶏皮を使ったマロニーグラタンです。
春雨でもいいけど、今回はマロニーで。

前は短く切ったけど、今回はそのまま使ってみました。
長いほうがフォークに絡まりやすくて食べやすいかも。

鶏皮のマロニーグラタン
f0201488_2355573.jpg

613kcal、たんぱく質 11.9g、塩分 2.1g

【材料】
マロニー 50g ・・・表示どおり戻す
鶏皮 30g ・・・食べやすいサイズに切る
たまねぎ 35g ・・・縦薄切り
無塩バター 10g
小麦粉(グンプンTTを使用) 5g
牛乳 90g
コンソメ(マギー無添加を使用) 2g
こしょう 少々
パン粉 1g
チーズ 18g
■たれ
 みそ(50%減塩タイプ) 8g
 おろしにんにく 2g
 酒、みりん風調味料 10gずつ

【作り方】
1. フライパンで鶏皮を焼き、油が出てきたら、たれを加えて炒める。
2. マロニーとたまねぎ、バターを入れて小麦粉を振る。
3. バターが溶けたら、牛乳を混ぜながら加え、コンソメ、こしょうで味をつける。
4. グラタン皿に移し、パン粉、チーズを乗せて、トースターで焼き色をつけたら出来上がり。

↓応援ヨロシク☆。+

▼myレシピブック▼
[PR]

by tom-sou-ya | 2010-03-18 02:47 | ごはん

きのことソーセージのビール煮ニョッキ丼

毎月5日は、どんぶり同好会につきレシピ開発です。
先月は3種類の丼を作りましたが、今月は1種類。
他にも色々とアイディアは沢山もってるけど、毎月あるので小出しで行きますね。

きのことソーセージのビール煮ニョッキ丼
f0201488_18133885.jpg

525kcal、たんぱく質 11.4g、塩分1.7g
※ごはんの成分は含まれていません

ちょっと、じゃがいもの量が多すぎて、どんぶり鉢からこぼれそうでしたので、お皿に盛り付けました。
ビールとご飯ってどないなん?って思ったけど、全然違和感なく、美味しい洋風丼になりました。


【材料】
ソーセージ 40g(約2本)・・・5mm幅の小口切り
しめじ 15g・・・石づきを取り、横半分に切り、大きいものは縦に半分に切る
えのき 10g・・・石づきを取り、3等分に切る
たまねぎ 95g(約半玉)・・・芯を取り、繊維をたつように薄切り
コンソメ(マギー無添加) 2g
ビール(一番搾り) 小1缶 135ml
オリーブオイル 小さじ2
無塩バター 小さじ2
トマトピューレ 大さじ1
黒こしょう 少々
(あれば)ベイリーフ 1/2枚
バジルの葉っぱ 適量
■じゃがいものニョッキ
 じゃがいも 120g・・・皮をむいて乱切りにし、茹でこぼす
 強力粉 15g


【作り方】
1. ボウルにじゃがいもを入れ、すりこ木でマッシュしたら、強力粉を振り入れて、しっかり混ぜ合わせ、小さな団子状に形成し、フォークの先端を押し付けて型を取る。
2. フライパンにオリーブオイルとバターを入れ、バターが溶けたら、たまねぎ、きのこ類、ソーセージを炒める。
3. ビールを注ぎ入れ、強火で煮立て、アルコールを飛ばしたら弱火にし、トマトピューレーとコンソメ、黒こしょう、(あれば)ベイリーフを加え混ぜる。
4. 熱湯の中に1を入れて茹で、浮いてきたらザルにあげ、3の中に入れ、蓋をしてしばらく煮詰める。
5. ごはんの上に、ベイリーフを取り除いた4を移し入れ、バジルを飾れば出来上がり。


予算はほとんど家にあった材料なので・・・。
ビール 90円 プラス その他もろもろ・・・ってところです。

↓応援ヨロシク☆。+

▼myレシピブック▼
[PR]

by tom-sou-ya | 2010-03-05 18:58 | ごはん

崩しロコモコ風ハヤシライス

1度で2度美味しいシリーズ。
kashさんのブログで見かけた「cafe de manma」のロコモコを見て、あっ!その手があったか・・と思いました。
この店のロコモコみたいに、はじめから崩しておけば、たんぱく質をコントロールしやすいなと。
そこからヒントを得て作りました。

崩しロコモコ風ハヤシライス
f0201488_23154646.jpg

369kcal、たんぱく質 13.7g、塩分 2.1g
※ ごはんを除いた成分

f0201488_2317366.jpg

左はロコモコ、右はハヤシライスになります。
半熟目玉焼きもいい感じに焼けて満足。
お肉は香ばしくスパイシーにし、赤ワインでコクをつけてます。
炒め玉ねぎとシナモンで甘みをつけて、ピーマンはちょっと大きめにカットして、全体を引き立てる苦味と食感を加えておきました。

【材料】
ハヤシルウ(完熟トマトのハヤシライスソース) 1皿分 20g
ひき肉 30g
たまねぎ 50g ・・・ みじん切り
ピーマン 30g(1個)・・・ワタをとり除き1cm角の色紙切りにする
卵 1個
オリーブオイル 小さじ2
水 適量
赤ワイン 大さじ1
黒こしょう、ナツメグ、シナモン 各少々

【作り方】
1. フライパンにオリーブオイルを入れ、たまねぎを焦げないように炒め、飴色になったら取り出す。
2. ひき肉を入れて少し炒めたら、赤ワインを入れアルコールを飛ばし、ナツメグ、シナモン、黒こしょうをかけてスパイシーに炒める。
3. 1のたまねぎとピーマンを入れて炒めたものを、あつあつのごはんの上に乗せ、同じフライパンに水を入れて煮立てたらルウを溶かしてソースを作り、ごはんの右側にかけて、左側に目玉焼きを乗せたら出来上がり。


ポイントはやはり「1度で2度美味しい」を実現するために、大きめのお皿を使うこと。
ロコモコとして美味しく、ハヤシライスとしても美味しく。
混ぜても美味しく・・・なので、正しくは3度美味しいですね。

こうやって作ってみて思ったのは、やっぱり食器も食材の1つなんだな・・・ということ。
たかが食器、されど食器。
改めて思いました。


↓応援ヨロシク☆。+

▼myレシピブック▼
[PR]

by tom-sou-ya | 2010-02-26 23:54 | ごはん

牛肉入り茄子の揚げ浸し

↓の蕎麦と一緒に食べたのは、牛肉が入った茄子の揚げ浸し。
これは、2年ほど前に堺筋本町にある「独活庵」っていうお蕎麦屋さんで定食を食べた時についてあったので、思い出しながら作ってみました。こんな感じだったような気がします。

牛肉入り茄子の揚げ浸し
f0201488_2204861.jpg

237kcal、たんぱく質 3.4g、塩分 0.4g

【材料】
牛ばら肉 20g ・・・食べやすいサイズに切る
茄子 70g ・・・ 乱切り
A
 だし 30g
 砂糖、減塩醤油、酒 各小さじ1
 おろししょうが 4g

白髪ねぎ 2gぐらい?、揚げ油

【作り方】
1. 180度の油で茄子を揚げ、揚がったらざるにあげ、お湯をかけて余分な油を落とす。
2. Aに肉を入れて煮立て、肉に熱が通ったら、1を加えて浸し、器に盛り、白髪ねぎを乗せて出来上がり。

これも、食べに行ったときの写真と比較・・・。
f0201488_2351348.jpg

↑「独活庵」にて

茄子の切り方が違ってたか・・・。

今回は辛子大根が主役なので、山葵は使いませんでしたが、「山葵は食べるもの」というのは、ここの店で知ったんですよ。確かに、そばつゆに入れたら、風味も辛さも飛んでしまいますもんね。

↓応援ヨロシク☆。+

▼myレシピブック▼
[PR]

by tom-sou-ya | 2010-02-19 02:37 | ごはん

トマトが入った具沢山チヂミ oishii

早く食べてしまわないといけないミニトマトがあったので、チヂミに無理やり入れてみたらめっちゃ美味しかったのでご紹介。

トマトが入った具沢山チヂミ
f0201488_394918.jpg

436kcal、たんぱく質 9.8g、塩分 0.8g

【材料】
具{
 豚ばら肉 30g(1切れ) → 食べやすいサイズに切る
 ミニトマト 80g(4個) → ヘタのところを切る
 ピーマン 23g(1個) → 縦細切り
 にんじん 20g → 斜め薄切りにし、縦1cm幅ぐらいに切り、下ゆでする
 にら 32g → 4cm長ぐらいに切る
 ささがきごぼう → 16g


生地{
 小麦粉(グンプンTTを使用) 15g
 片栗粉 15g
 卵 20g
 減塩醤油 1g
 具に使うトマトのゼリー部分
 水 20~35cc


たれ(イカリ 焼肉のたれ中辛を使用)
唐辛子 適量
ごま油 大さじ1

【作り方】
1. フライパンに少量の油をひき豚肉を軽く焼いて取り出し、余分な油をチッチンペーパーでふき取り、フライパンを冷ましておく。
2. ボウルに生地の材料を全部入れて混ぜておく。ミニトマトはヘタを切った部分を下にし、指で潰して、ゼリー部分を生地に混ぜ込む。(皮つきの実は具になるので捨てない!)
3. (1の豚肉と2のトマトも含む)具の材料を生地と混ぜ込む。
4. 冷めた状態のフライパンにごま油を分量の半分入れて広げ、3を流し込む。
5. 中火にし、へらでカタチを整えながら、ギューッと押さえるように焼く。
6. 裏返して、ふちの周りに残りのごま油をまわしかけて、先ほどと同じように焼いたら出来上がり。

焼肉のたれと唐辛子をお好みでふりかけて食べてください。

かなり具が沢山はいってますので、生地におさまらず、はみだすものも出てきますが、それはあまり気にせず、一緒に食べてください。^^

もっちりで美味しかったです。


↓応援ヨロシク☆。+

▼myレシピブック▼
[PR]

by tom-sou-ya | 2010-01-21 03:28 | ごはん

焼肉バター風味のレタ舞茸豚丼 oishii

正月が入ったので、2日遅れになりましたが、どんぶり同好会のレシピです。

Cpicon 焼肉バター風味のレタ舞茸豚丼 by tomtorijin
f0201488_13243469.jpg

333kcal、たんぱく質 10g、塩分1.1g ※ごはんは含まない

悪く言えば手抜き料理、良く言えばスピード料理です。
簡単ですが、満足感は十分あります。
ビールが好きな人は、ビールが欲しくなるかもね。

【材料】
豚ばら肉 60g →食べやすいサイズにきる
リーフレタス 30g →硬いところを切り分けて食べやすいサイズにきる
舞茸 25g →適当にばらす
たれ 大さじ1(イカリ 焼肉のたれ 中辛)
炒め油 4g (ごま油を使いました)
無塩バター4g、黒胡椒 少々

【作り方】
1. 豚肉をたれに漬け込む
2. 熱したフライパンに油をいれ、1を加え、黒胡椒を降って炒める
3. 肉をフライパンの隅に寄せ、空いたところに舞茸を加え、舞茸の上にバターをいれる
4. 舞茸に溶けたバターを吸わせるような感じで炒めたらレタスの硬いところを加えて炒める
5. 残りのレタスを加えたら火を止め余熱で残りのレタスをしんなりさせたら、ごはんの上に盛り付ける

【材料費 1人前】
舞茸 30円分ぐらい、レタス 30円分ぐらい、豚肉 100円分ぐらい
なので、160円+調味料・油・ごはん です。

↓応援ヨロシク☆。+

▼myレシピブック▼
[PR]

by tom-sou-ya | 2010-01-07 14:07 | ごはん

豚肉入りのごちそうチヂミ

手軽さゆえに、すっかり定番になったチヂミ。
いつも野菜だけでやってるけど、今日は豚ばら肉も加えました。
具は豚ばら肉、ごぼう、にんじん・・・。これだけやとコウケンテツ氏のレシピなんですが、さらにピーマンを加えてみました。
f0201488_22275571.jpg

タレは作るの面倒なので、焼肉のタレ。
生地に加える醤油も抜きにしたので、コチジャンを少し塗ってみた。

そして、もちろん、これは主食じゃなくて、おかずです。
美味しかった。また作ろ。

↓応援ヨロシク☆。+

▼myレシピブック▼
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-11-15 22:38 | ごはん

鶏ささみのカルパッチョ

美味しいラーメン屋のお隣は、朝挽きで新鮮な鶏肉屋さん。
今日の昼飯はコレにするって決めてたので、ちょっと遠いけど、強風にあわれながら、昼前に買ってきました。
鶏のささみは筋をとって、熱湯にサッと通して、冷水で熱をとり、キッチンペーパーで余計な水分をふき取り、たたきみたいに半生にします。
f0201488_1416114.jpg

スライスして、サラダの上に散らして、ガーリックオイル(みじん切りしたニンニクをオリーブオイルで炒めて冷ましたもの)にレモン果汁、マヨネーズ、紫蘇の葉っぱ、ブラックペッパー、パルメザンチーズを散らしたら出来上がり。

これと肉なしペペロンチーノが今日のお昼ごはんです。

鶏のささみはこの食べ方が一番好きです。

↓応援ヨロシク☆。+

▼myレシピブック▼
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-11-02 14:22 | ごはん