水餃子とアボカドの冷しゃぶ ピリ辛香味だれ

豚ばら肉の冷しゃぶに、アボカドと冷凍餃子を茹でて冷水でしめた水餃子をあわせました。
野菜は千切りキャベツにかいわれ大根を混ぜたものと、トッピングのミニトマトとねぎです。
上にかかっているのは、いま流行りの食べるラー油・・・ではなく、自家製ピリ辛香味だれです。

水餃子とアボカドの冷しゃぶ ピリ辛香味だれ
f0201488_12542910.jpg


また、アボカドが写ってない・・・。^^;
f0201488_1257476.jpg

ほら、ちゃんと乗ってます。

これそのもののレシピを載せるんでなくて、ピリ辛香味だれのレシピを載せておきます。
・・・のちほどね。


何か「はてブ数表示」と「リツイートボタン」の設定ができるようになったみたいなので使ってみます。
ツイッター?一応、アカウントとってるけど、ブームに乗る気ないんで・・・。^^;

だって、あれもこれもやってられんでしょ。
マメにされている方もおられるので批判はしませんけど・・・。周囲がどうあれ、いまのところ個人的には必要性を感じていないので興味なしです。


↓ポチッと応援ヨロシク☆。+


◎つくレポお待ちしてます
*レシピブログ myレシピブック*
*COOKPAD*(モバれぴ)
[PR]

by tom-sou-ya | 2010-05-31 13:05 | ごはん

今日の中華粥は一味違う。

レンドルミンなしで、いい感じに夜眠りはじめたトムソウヤです。

f0201488_11365620.jpg


今朝は中華粥に急遽変更しました。
何でかいうと、昨夜、母親が中華屋さんからガラスープの残ったのをいただいてきたからです。

f0201488_11392039.jpg


左側に写ってる濁った水がそれなんですけどね。
茶漉しで浮遊物を取り除き、鍋に移します。
こいつを使った具沢山の中華粥。香港粥ともいいますけど。
朝に食べる中華粥で、朝粥です。
本町にあるハッピーコンジーで食べて以来、中華粥の朝粥が好きになりました。
また食べに行きたいなぁ・・・。

f0201488_1142565.jpg


お粥だけやとエネルギーがとれないんで、冷凍餃子を2個カリカリに素揚げして乗せてます。

f0201488_11433128.jpg


ホンモノのガラスープを使うのははじめてなんでちょっと失敗。
市販のスープの素なんかに比べて、かなりコッテリなんですね。^^;
水でお粥にした後にガラスープを加えるというカタチにしたほうが良かったみたい。

でも、さすがにホンモノ。化学調味料に比べて素朴で美味しかったです。

生姜をたっぷり入れたので、食べ終わった後はポカポカです。

ウチだけじゃ使い切れないので、弟夫婦のところにもやろうかなぁ・・・。
アイツの特技も「料理」みたいやし。


↓応援ヨロシク☆。+

[PR]

by tom-sou-ya | 2009-08-11 11:57 | ごはん

そうめんかぼちゃと紫蘇の餃子 【和】【中】【韓】【エスニック】

f0201488_136353.jpg

【栄養成分】(4個ぶん)
エネルギー 185kcal  たんぱく質 2.6g 食塩相当 0.8g
脂質 11.4g  炭水化物 18.3g
ナトリウム 312mg  カリウム 150mg+- リン 25mg+-

【材料】
モランボン 餃子の皮 4枚、そうめんかぼちゃと紫蘇の餃子のタネ 48g
なたね油 10g

【作り方】
包んで焼く。

【ポイント】
何もつけなくても美味しい。
餃子は焼き麺を平たく形を整えてから焼く。

【参考】
---
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-07-14 01:38 | ごはん

そうめんかぼちゃと紫蘇の餃子を試食♪

夜中に作った「そうめんかぼちゃの餃子のタネ」を使います。
市販の餃子の皮(モランボンの餃子の皮)を使って食べてみました。

f0201488_23184885.jpg

そうめんかぼちゃと玉ねぎの甘みと旨味がぎっしり詰まってて美味~い!
食感も良く、大成功です。

f0201488_23194067.jpg

オイスターソースで味付けしてあるので、何にもつけなくて、そのままで美味しいんですよ。^^

【栄養成分】(1個あたりの餃子のタネ12g×4個ぶん 焼き油を含めない)
エネルギー 93kcal  たんぱく質 2.6g 食塩相当 0.8g
脂質 1.4g  炭水化物 18.3g
ナトリウム 312mg  カリウム 150mg+- リン 25mg+-

思ってたより、ずいぶん低たんぱく質ですね。
たんぱく質調整の餃子の皮を使ったら、もっと低たんぱく質になりますね!!
塩分がちょっと高めになってしまったので、オイスターソースの量をもう少し減らしたほうがいいかもしれません。でも、4個で0.8gなら頑張ったほうやと思いますが・・。

明日から「そうめんかぼちゃ」が売れ出してしまったり・・・・そんな影響力は僕のブログにはまだないですが、これを見て作ってみようと思っていただけたら嬉しいです。

つくレポはコメント、もしくはレシピブログのクッキングノートでお願いします。
クッキングノートの機能がまだよく分からないですが・・・^^;;

↓応援ヨロシク☆。+

[PR]

by tom-sou-ya | 2009-07-12 00:00 | ごはん

そうめんかぼちゃの餃子のタネ

そうめんかぼちゃの”そうめん状”になれなかった部分を使って何か作ろうと思って、出来上がりました!

f0201488_43482.jpg


超シンプルな餃子のタネです。
大量に出来てしまいました・・・。^^;;

▼材料
そうめんかぼちゃ(ワタ・皮を除く残った部分) 378g、たまねぎ(水浸し)216g、紫蘇の葉 16g、
オイスターソース 31g、ごま油 10g、中華だしの素(味の素KK帆立だし) 5g

▼作り方
1. そうめんかぼちゃの残った部分を皮から取り除いて細かくたたく
2. 紫蘇の葉を細かく切って水浸ししてアクをぬき、水気を切ってやる
3. 玉ねぎをみじん切りしてレンジでチンしておく
4. 大き目のボウルに1~3の具を入れ、オイスターソース、ブラックペッパー、必要なら塩、にんにくを加えまぜる
5. フライパンにごま油をいれ強火でボウルの中の具を焦げないように炒める
6. 水分をとばしながら、玉ねぎの色が変わってきたら火力を弱めて中華だしの素を加え炒め続ける
7. 写真のような色になったら出来上がり

あら熱をとってから冷蔵庫で半日寝かせて、しっかり冷ましてください。

一応、全分量の栄養成分値を載せておきます。
毎度のことながら、カリウムとリンは正確ではないです。参考程度に・・・。

【栄養成分】(仕上がり 合計427g)
エネルギー 288kcal  たんぱく質 7.8g 食塩相当 5.7g
脂質 10.7g  炭水化物 44.9g
ナトリウム 2274mg  カリウム 1333mg- リン 224mg-


明日(というか今日やん!)、餃子の皮で閉じていきます・・・。何個できるやら・・・???
とりあえず1袋ぶん作ってみて、どんだけ余るか計算しますね。

↓応援ヨロシク☆。+

[PR]

by tom-sou-ya | 2009-07-11 04:03 | ごはん

失敗作品

作ったことがないものや、たんぱく質調整のを使ってはじめて作るものは、栄養計算ソフトを使って材料を適当に分量で算出した表を印刷して、それを見ながら、実際に作りながら、どんな感じなのか?材料に過不足がないか?とか見ながら、臨機応変に調理しているんですが・・・。

僕がいない間(散歩してる間とか、寝てる間とか)に母親がそれを見て、その通りの分量で、ええ加減な作り方で作ってることがあって、とんでもない食べ物になってテーブルに出てくることがあります。^^;;

f0201488_123877.jpg

例えばこの「お好み焼き」です。^^;
風月のお好み焼きっぽく作るつもりだったんですが、キャベツとソースの量が足らないだけでなく、たんぱく質調整の小麦粉だけで作ったのでカチカチ・・・。
ちょっと塩分が増えるけど、ベーキングパウダーを少し含ませたほうがふっくらと焼けたのではないかと・・・。
あと加えるのは、砂糖と揚げ玉(天ぷらした時に出たのをストックしてあります)ですね。

f0201488_1293862.jpg

たんぱく質調整の小麦粉と、具は肉の代わりに「おからこんにゃく」を使った、低たんぱく餃子です。
6~8個の分量で、トータルで394kcal、たんぱく質6.5g、ナトリウム164mg(塩分0.4g)の餃子です。

生地はたんぱく質調整の小麦粉とコーンスターチをブレンドして、ぬるま湯で作るつもりだったのですが、コーンスターチがどれなのか分からないらしく、たんぱく質調整の小麦粉と冷たい水だけで作ったみたいで、しかも、生地の外側が分厚い(中は厚め・外は薄くが基本)ので、ごわごわで破れもあり、打ち粉(片栗粉)をつけすぎでベトベト・・・。
タネのほうはある程度ちゃんと出来てました。ちょっと、にんにくが多かった感じがするけど・・・、おそらく母親のことだから、にんにくの芽の部分も一緒に混ぜ込んでしまったんでしょう・・・。

この2品については、また来月まで作ることないと思いますが、今度作るときは、もうちょっとマシな姿になって出てくると思います。
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-06-15 12:30 | ごはん

餃子の皮を大根と片栗粉に変えて低たんぱくに!


昔、何かの雑誌で知ったんですけど、どーやって作ってたか忘れてしまったので、ネットで調べました。

すると、一番、腎臓病患者に向いているやり方が載っていましたので紹介しておきます。

大根餃子 : 大沼奈保子の「メタボリック食研究会」


メタボ解消を目的とされたレシピですので、中の具は高たんぱくで、カロリーは低いですが、その辺をアレンジしたら使えると思います。^^

餃子の皮1枚って、かなり、たんぱく質が高いんですよね・・・。
スーパーで袋の裏を見てはガッカリしたものです。(笑)
[PR]

by tom-sou-ya | 2009-05-11 11:32